忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

任天堂のゲーム機はなぜ売れるのでしょうか?
昔はファミコンとスーパーファミコンの独壇場でした。
しかし、SONYやMicrosoftから新機種が発売されると、その市場は崩壊したように思います。
スーパーファミコン以降爆発的に売れた任天堂のゲーム機といえば、Wiiと任天堂DSライト。
勿論それ以前には、はずしたゲーム機、ほとんど売れないものもあったでしょう。
ただ、どちらもソフトの助けがあって爆発的に売れた、というイメージがあります。
個人的には、ゲーム業界のハードウェアの良し悪し=対応するソフトの数、と言っても決して過言ではないと思っています。
ではヒットのきっかけとなるソフトはなんだったのか。
Wiiでいえば「Wiiフィット」、任天堂DSライトでいえば「脳を鍛える、おとなのDSトレーニング」等といったところでしょうか。
この両者の共通点は、どちらもそれまでにない新しいジャンルのゲームだったということ。
 
そして今回、新機種「任天堂3DS」にまたしても救いの手が差し伸べられる事となりそうです。
その救世主的タイトルは「モンスターハンター3G」と「ラブプラス」。
どちらも3DSで発売されることが確定しているとのこと。
この両タイトルも、これまでにない斬新な発想が栄えるゲームであり、過去の売上実績が凄まじい超人気タイトルと言えるでしょう。
このタイトルの発売に伴って、3DSを購入する人がぐっと増えるのはほぼ間違いないと思います。
 
機種の機能性と斬新性を追求しつつ、人気タイトルをいかにして勝ち取るか?
これは、ゲーム機を販売する企業に課せられた大変な試練だと思います。
任天堂はこのゲーム業界でずっと昔からこんな競争を繰り返してきたのでしょうね。
ゲーム業界でのノウハウのようなものがあるのか、単純に営業力の差なのかは分かりません。
ただ純粋に『やっぱり任天堂は商売が上手いな』、と今回のニュースを見て改めて感じました。
 
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
借金相談
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 星の輝く夜空は美しい All Rights Reserved