忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昔から赤ちゃんのミルクを調乳する時には、まず水道水やポット型浄水器で作った水を煮沸消毒してから人肌に冷ましてミルクの粉を溶かして・・・
というような工程で作っていたと思います。

水を最初にある一定の温度以上まで温める必要があるのは、赤ちゃんが細菌に感染することを防ぐために行っています。

確か80度以上のお湯になると、赤ちゃんが感染しやすいバクテリアを殺菌することができるのでそのようなルールが一般的に認識されていると思います。

ですがこの水を一度温めるという事がお母さんたちの調乳を非常に時間がかかるものにしてしまっていることも事実です。

なぜなら、赤ちゃんは人肌の暖かさの飲み物しか飲むことができないので、温めたお水はそこからさらに冷やしてあげる必要があります。

そういうと簡単ですが、この間にも赤ちゃんは延々とずっと泣き続けているわけです。
昼間ならまだしも、夜泣きでずっと泣き続けられてしまうと、自分たちにも精神的なプレッシャーがかかりますし、もしかしたらご近所迷惑にもなってしまう可能性があります。

なので夜中の調乳は特に素早く手早く行う必要があるのです。
ですが従来はそれができませんでした。

そこで最近賢いママやパパが使っているのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーというと、海外の家などでは一般的ですが、水道水が比較的安全な飲み物として認知されている日本では、そこまで普及がしてこなかったというのが実際のところだったと思います。

ですが東日本大震災をきっかけにして一気にウォーターサーバーの普及が進みました。

まだそれに伴って、ウォーターサーバーが実は調乳に非常に便利だと気が付く人が続出しました。

なぜならウォーターサーバーは冷たいお水も温かいお湯も両方とも瞬時に出すことができるからです。

言ってみれば冷水と温水の両方出るのが当たり前だと思いますが、それの綺麗な水バージョンがウォーターサーバーと考えても良いと思います。

でも調乳に使う水は軟水じゃないといけないんじゃないのという詳しい方もおられるかと思いますが、最近のウォーターサーバーの水は、硬水ではなく、軟水のものが多いのです。

なので各社ともにこれば調乳に使うことができるお水ですという説明文も書いているので私たちも安心して使うことができます。

あと放射線物質の心配はどうなの?
と最近はこの問題に関して過剰に心配している方も多いですが、こちらの問題に関しても各社ともに毎月放射線物質が検査を行っていて、ホームページでも情報公開しているので心配な方は一度チェックしてみると良いと思います。

最後の問題はコストの問題だけですね。
こちらに関しては各家庭の状況というものがありますので家族会議を開いて導入するかしないのか検討してみると良いと思います。

またキャンペーンなどを利用して1ヶ月ほど無料で利用できるケースも最近では増えてきているので、そういったキャンペーンを探してお申し込みしてみましょう。
PR
HOMENext ≫
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
借金相談
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 星の輝く夜空は美しい All Rights Reserved